地域貢献活動

元町三丁目ブログ

特集「播新」

2014年01月01日

本物の古美術を扱う、由緒正しき老舗




播新は、元町三丁目 のほぼ中程、山側にあります。


店名「播新」の由来は、
創業された初代の「播磨屋新次郎」という名前の略なのだそうです。
名前を代々が継いでいく、由緒ある古美術のお店。

店主に宛てられた、
武者小路実篤の手による書です。






取材時にも『週刊 朝日』(特集:司馬遼太郎の街道)や
『月刊 神戸っ子(KOBECCO)』にも掲載されていたのですが、
その中でも紹介されているのが小学館から発刊された『ニッポン仰天日記』という書籍について。

これは、明治時代にイギリスから来日していた探検家のゴードン・スミスの日記です。
それを荒俣宏が翻訳した重厚な書籍です。
この中に、何度も「ハリシン」という文字が出てきます。



これは、曽祖父にあたられる初代(現在のご当主が4代目との事)について書かれています。

当時(鹿鳴館時代)日本の陶磁器や蒔絵などを居留地の外国人に販売されていたとか。
西求女塚の別荘には、来日したチャップリンも遊びに来たそうです。




現在も茶道具を中心にした陶磁器や蒔絵、書画などの美術品を扱われています。



ウィンドウには古丹波の花瓶と、硯箱が飾られていました。





<日の出 蒔絵 硯箱>






<法民 作 根付 「三番叟」>




<根付 南陽 作 「日本地図」>







<道笑 作 根付 「鼠」>







<播陽 東山(とうざん)焼 櫻川水指>




<弘入(こうにゅう)作 黒茶碗>





<棟方志功作 版画>







他にも店内には、美しい古美術品が整然と並んでいます。




その場ごとに、誂えたような設えです。

左<庄司 作 花瓶> 右<橋本関雪 筆 掛軸>




<陶陽 作 備前火襷四方皿>





お店の奥には、芹沢銈介の暖簾が使われていました。




格式を感じさせる、まるで美術館のような場所。
まさに「元町の歴史を紡いできた」お店ならではです。



SHOP DATA
播新
住所:神戸市中央区元町通3-10-3
電話番号:078-331-2516
FAX:078-331-2486
営業時間: 10:30~19:00(18:45)(定休日:水曜日)
>> ブログはこちらから   

同じカテゴリー(元町の歴史を紡ぐ)の記事画像
特集「jack gomme 神戸元町店」
特集「お菓子のデパートよしや元町店」
特集「REGAL SHOES (リーガルシューズ 神戸元町店)」
特集「Men's apparel ADAM/Eve Cafe」
特集「神戸凮月堂 元町茶寮」
特集「パティスリーグレゴリー・コレ 神戸元町本店」【移転いたしました。】
同じカテゴリー(元町の歴史を紡ぐ)の記事
 特集「jack gomme 神戸元町店」 (2014-03-01 00:01)
 特集「お菓子のデパートよしや元町店」 (2014-03-01 00:00)
 特集「REGAL SHOES (リーガルシューズ 神戸元町店)」 (2014-02-01 00:01)
 特集「Men's apparel ADAM/Eve Cafe」 (2014-02-01 00:00)
 特集「神戸凮月堂 元町茶寮」 (2014-01-01 00:00)
 特集「パティスリーグレゴリー・コレ 神戸元町本店」【移転いたしました。】 (2013-12-01 00:01)

Posted by 元町三丁目スタッフ at 00:01│Comments(0)元町の歴史を紡ぐ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
  • 前のページヘ
  • 次のページへ
プロフィール
元町三丁目スタッフ
元町三丁目スタッフ